贈り物をするときの心遣い

贈り物と大切な礼儀

結婚内祝いの最適な贈り物

結婚内祝いの贈り物はどれにしようか、色々迷う事でしょう。やはり結婚されたお二人になにかしら関係あるものですと、先方にもこれから長い人生をまた二人でお世話になる気持ちが伝わりますし、お二人のお式にいらして下さった感謝の気持ちをもアピールできることになりますので素敵な物を選びたいですよね。かといって、お二人のお名前が前面に見えるようなものは、先方も気持ちは伝わるものの、なかなかインテリアに合わないなどの理由で長く使って頂けないので注意が必要です。遠方からの出席者が多い時は、カタログギフトも荷物が少なくて喜ばれるかもしれませんね。

結婚内祝いは、披露宴に招待できなかったからお祝いをいただいた場合や高額のお祝いやいただいた場合に、お返しとして贈ります。贈る時期としては、挙式後1ケ月ぐらいまでです。贈り物の内容に具体的な決まりはありませんが、夫婦で相談して相手に喜んでもらえそうなものを選べば、感謝の気持ちがより伝わるでしょう。包装は、表書きを内祝・寿とし、水引・紅白、または金銀の結び切りをします。予算は、いただいたお祝いの全額の半分程度にします。特にお世話になった人には持参するのが一番良いです。送付する場合は礼状を添えましょう。なお、新婦へのお祝いのお返しは実家からする場合が多くなります。その場合は、旧姓で贈ります。

© Copyright 結婚式の来賓への贈り物. All rights reserved.